農園型障がい者雇用支援サービスの手引き「わくぷら」 » その他の障がい者雇用支援サービス

その他の障がい者雇用支援サービスと農園型との違い

サテライトオフィス型サービス

障がい者向けのサテライトオフィス型サービスの特徴は、サービスを運用する企業の支援スタッフが常駐していること、バリアフリー構造であることなどが挙げられます。

あくまでも障がい者はサービスを利用する企業の社員ですので、そこで行なう仕事は雇用された企業の業務です。

テレワークによる障がい者支援サービス

一般的な通勤による仕事では能力を発揮できない障がい者に対し、在宅勤務などのテレワークを通じて企業の戦力となれるように支援するサービスです。

業務の切り出し、障がい者の採用支援、日常の勤怠管理など、企業に対してテレワークに特化した障がい者雇用体制の構築サポートを行ないます。

障がい者雇用のコンサルティング

障がい者の特性は、抱える障がいの内容によって一人ひとり違います。

障がい者雇用のコンサルティングでは、採用選考でチェックすべきポイントのアドバイスなど、長期の安定就労につなげるためのサポートを実施。障がい者支援機関や特別支援学校など関係団体との連携強化が図れます。

特例子会社の設立

特例子会社という別会社を設立することで、障がい者の特性に見合った就業規則を策定できたり、障がい者の雇用に特化した助成金を受けられたりと、さまざまなメリットがあります。

何より、親会社やグループ企業全体の障がい者法定雇用率に換算することが認められます。