トライスルみらい農園(ジョブサポートパワー)

この記事で分かること
  • トライスルみらい農園の特徴がわかる
  • 障がい者が働く環境への取り組み
  • 体験者の方の声をチェック
  • トライスルみらい農園の導入事例

トライスルみらい農園の特徴

SDGsに配慮した農園型障がい者雇用支援サービス

完全屋内型農園サービス・トライスルみらい農園の注目ポイントは、SDGsに配慮した先進的な設備の数々です。

野菜の栽培には人工光を用いた水耕栽培農法を採用していますが、作業の現場は栽培ユニットを含めて太陽光発電や雨水循環装置を利用するなど、環境に優しい施設となっています。再生可能エネルギーの使用で、持続可能な事業を実現している農園だといえます。

オンラインだからこそ可能な現場とのコミュニケーション

農福連携とテレワークを掛け合わせた新たな障がい者雇用支援サービス、というのもトライスルみらい農園のテーマのひとつ。ICTの有効活用で、離れた場所からでも管理者や障がい者の状況を見守ることができます。

オンラインだからこそ、企業の担当者と現場スタッフがコミュニケーションを取るべきタイミングを逃さない、そんなメリットもあります。

商品価値の高い生産物はさまざまな活用法が可能

トライスルみらい農園では、一般的な屋内型農園でも栽培される葉物野菜のほか、エディブルフラワーなど商品価値の高い植物の栽培も手がけています。

もちろん生産された野菜や花は企業の所有物となり、社内での福利厚生や地域への寄付などさまざまな用途に利用が可能。

活用の仕方次第では、企業のCSR活動推進にも役立つでしょう。このほか、地域の宿泊施設や製造小売業での活用実績もあるようです。

障がい者が働く環境への取り組み

  • 完全屋内の農場
  • スタッフから業務上のアドバイスができるサポート体制
  • 障がい者の定着支援をするスタッフが常駐

体験者の方の声

2023年6月時点で、公式サイトで確認ができませんでした。

トライスルみらい農園
(ジョブサポートパワー)の基本的な情報

  • 運営する農園数:公式サイトに記載なし
  • 導入企業数:公式サイトに記載なし
  • 現在就労している障がい者数:公式サイトに記載なし

トライスルみらい農園
(ジョブサポートパワー)の導入事例

公式サイトに記載なし

わくぷら編集チームより
トライスルみらい農園(ジョブサポートパワー)は
こんな企業におすすめ

トライスルみらい農園のオープンは2022年5月で、国内の農園サービスの中では比較的新しい存在です。それだけに、他の農園サービスには見られない特徴も多くあります。

特に注目したいのは、再生可能エネルギーで運用される屋内型栽培ユニット。SDGsにこだわった農園を障がい者雇用の手段として選択することは、企業にとっても社会貢献活動をアピールする絶好の機会になるでしょう。

運用会社「ジョブサポートパワー」について

マンパワーグループの特例子会社として設立されたジョブサポートパワー株式会社は、障がい者雇用の問題を解決するためにテレワーク活用による在宅勤務を推進してきた企業です。

障がい者が活躍できる場を増やすこと、障がい者と企業をつなげることを目指してトライスルみらい農園をオープン。SDGsを体現する企業としても知られつつあります。

ジョブサポートパワーの基本情報

  • 本社所在地:東京都立川市曙町2-34-7 ファーレイーストビル8F
  • 問い合わせ電話番号:042-522-0395
  • 業務内容:事務処理業務サポート、障害者雇用支援サービス(自社での雇用、取引先企業への就業支援)、障害者職業訓練