障がい者雇用の未来をつくる
注目の農園型障がい者
雇用支援サービス
とは

 

当サイト「わくぷら」では、障がい者雇用にお悩みの企業に向けて、いま注目を集める農園型障がい者雇用支援サービスについて紹介しています。
  サービスの優れている点や、支援サービスを提供しているブランド・企業の情報をまとめました。

農園型障がい者雇用支援
サービスとは

農園型障がい者雇用支援サービスとは、企業が農園の一部区画と設備をレンタル・リースなどで借り受けたうえで、運営会社が提供するサービスを活用しながら、障がい者を採用・雇用するサービスのことです。

開放的な農園で軽作業の多い農業に従事することで、身体的にも精神的にも障がい者の方のストレスが少ない点も特徴の一つ。
働きたくても、働くことができてなかった障がいを持った方にとって、働く場所を提供できる「社会貢献」につながるサービスということができるでしょう。

農園型障がい者雇用支援
サービスの仕組み

障がい者雇⽤⽀援の農園型サービスの仕組み

農園型
障がい者雇用支援サービスの
メリット

スムーズな⼈材
確保が⾒込める

迅速な⼈材確保が⾒込める

農園型障がい者雇用支援サービスは運営会社側が一般就労を希望する障がい者を募集・紹介してくれるため、比較的スムーズに雇用開始ができます。企業にとっては採用スケジュールを立てやすいのもメリットです。
就労を希望する障がい者は運営会社がおこなう一般就労に向けた見学・体験会に参加し、本人の意向や農作業への適性を確認した上で挑戦することになるため、『相互理解』をした上でのマッチングが期待できます。

安定した高い
定着率が見込める

安定した定着が見込める

農業は多様なシングルタスクの組み合わせであり、障がい特性問わず成果が実感できることに加え、自身が磨いた能力で自己完結できる作業も多く、障がい者に適していると言われています。農園運営会社によっては障がい者の就労に精通した専門スタッフによるサポート体制が充実しています。
実際に作業を行なう場所だけではなく、障がい者が働きやすい職場環境の整備や送迎など、障がい者にとって働きやすい環境が整っているため、定着率も高くなっています。

人事部発での
社会貢献の実現

企業としての社会貢献になる

企業が農園型障がい者雇用支援サービスを利用することは、身体障がい者と比較して、民間企業による雇用が進んでいない精神障がい者や知的障がい者の雇用機会の創出につながります。
また、社員の障がい者雇用への理解を深めることにもつながる研修の場としての活用も考えられます。収穫した野菜の寄付による社会貢献や、社内配布から生まれる農園社員とのコミュニケーションを通した『健康経営』の推進にも寄与し、農園で働く障がい者を起点としたイノベーションにもつながっていくでしょう。

農業を通じて障がい者が
自分らしく働ける場所を提供

農園型障がい者雇用支援サービスは、障がい者が障がいの特性にとらわれることなく自分らしく働ける場所として、多くの企業に利用されています。農園では企業に雇用された多様な障がい者が個々の能力や特性を活かしながら野菜づくりに勤しんでいます。

農園型の障がい者雇用支援サービス
を特徴ごとに紹介

ここでは、農園型の障がい者支援サービスを提供している事業者を特徴ごとに紹介をしています。
障がいのある方を含めて、Win-Winの関係になれるかどうかには、事業者のスタンスや特徴などが 大きく関わってきます。事業者選びの参考にしてください。

【選定理由】2023年4月25日時点でGoogle検索で「障がい者雇用 農園」「障がい者支援 農園」と検索をして出てくる企業の中で、導入企業数を明記している3企業を紹介しています。

コルディアーレ農園
(JSH)

コルディアーレ農園(JSH)
https://www.jsh-japan.jp/cordiale-farm/

多数の有資格者が在籍。専門スタッフが提供するサポートが充実

看護師や保健師をはじめ、ジョブコーチや理学療法士、精神保健福祉士、公認心理士など、障がい者の特性を熟知した専門スタッフが各種サポートを行うコルディアーレ農園。水耕栽培による完全屋内型、バスによる送迎など、就労環境が整っているのも特徴です。

【企業の導入数など】
運営する農園数:16ヶ所/導入企業数:140社以上/ 障がい者の雇用人数:1000名以上

情報参照元URL:JSH公式HP(https://www.jsh-japan.jp/cordiale-farm/
2023年4月25日時点

コルディアーレ農園の特徴

01
障がい者の登録制を採用し、スムーズな雇用を実現

コルディアーレ農園は就労を希望する多数の障がい者が在住している地方において、障がいの種別や程度、年齢、性別を問わず多様な方が就労できる環境を整えたうえで、就労継続支援施設等と連携し、障がい者の登録制を採用。就労を希望している障がい者を紹介してくれるため、雇用までスムーズかつ計画的に進められます

また水耕栽培による完全屋内型農園は天候や季節の影響を受けず、危険な農機具を使用しない上に無農薬。快適なのはもちろん、衛生面、健康面からみて安心・安全な作業環境が整っているといえます。冷暖房完備という作業環境も屋内型農園ならでは。

02
障がい者の特性を熟知した専門スタッフが常にサポート

コルディアーレ農園を運営する株式会社JSHは、精神科に特化した訪問看護ステーションを農園運営地域や東京、大阪、埼玉、北海道(2023年4月開設)で運営し、2,000名を超す利用者がJSHの在宅医療サービスを利用しています。

農園内には看護師や保健師をはじめ、ジョブコーチや理学療法士、精神保健福祉士、公認心理士など、障がい者の特性を熟知した専門家・有資格者が配置されています。雇用された障がい者一人ひとりについてアセスメントとケアを行ない、安定就労に向けたサポートを提供しています。

また、オンラインツールを積極的に活用することで、コロナ禍においても綿密なコミュニケーションを取ることが可能となっています。

03
レンタル形式を採用しているため、違約金リスクがない

コルディアーレ農園ではオリジナルの水耕栽培設備を自社で組み立て、レンタル費用を安価な価格で設定しているため、低コストでの利用が可能です。リース契約の場合は途中解約ができたとしても、違約金の支払いが必要になるなど、慎重に検討を進める必要がありますが、レンタル形式はその点安心だといえ、万が一農園の継続ができなくなった場合も、違約金などは発生しないためリスクを最小限に抑えることができます。

コルディアーレ農園の導⼊事例

医療スタッフの常駐という手厚いサポート体制が導入の決め手

多くの人気ソーシャルゲームを開発・運営している株式会社gumiでは、障がい者雇用において業務の切り出しの難しさや社内のリテラシー不足という壁に行きあたっていました。コルディアーレ農園の導入に際しては、遠隔でも専門スタッフが常駐しているというサポート体制が決め手となったとのこと。新型コロナウイルス感染拡大に伴って、在宅勤務の相談にも迅速に対応してもらえたようです。

障がいのある方も管理者も安心して働ける職場環境だと確信

医療機器や医薬品の製造販売事業で全国に知られるニプロ株式会社では、M&Aがきっかけで障がい者の雇用人数が一気に低下してしまいました。状況の改善を目指しコルディアーレ農園の導入を決定、現在はサポーターを含めて12名を採用しています。障がい者雇用で一番難しいところは、実際に障がい者をサポートする担当者だと過去の経験から感じる中で、JSHの運営はサポート体制が充実しており、同社への信頼も厚いようです。

運営会社JSHの基本情報

「人を通じて、喜びを作り、幸せを作る」という企業理念のもと、精神科に特化した在宅医療と地方創生を2大事業とする株式会社JSH。コルディアーレ農園は地方創生事業の中心とされ、地方在住の障がい者の雇用を生み出すことで、都市部にヒト・モノ・カネが集中する日本の構造上の課題を解決し、導入企業にとっても社会貢献や多様な障がい者を雇用することで企業価値向上のきっかけにもつながります。この事業を通じて障がい者と企業、そして地域社会がWin-Winの関係でつながることを目指します。

会社名 株式会社JSH
本社所在地 東京本社:東京都中央区京橋1-1-5 セントラルビル4F
福岡本社:福岡県福岡市博多区博多駅前1-15-20 NMF博多駅前ビル5F
電話番号 東京本社:03-3272-0606
福岡本社:092-292-6680
事業内容 障がい者雇用支援サービス、障がい者定着支援サービス、精神科医療機関の訪問診療支援サービス、精神科に特化した訪問診療サポートサービス、特産品の販売サービス、旅行企画手配サービス(国内・海外)、体験民泊等の取扱サービス
公式サイトURL https://www.jsh-japan.jp/

わーくはぴねす農園
(エスプールプラス)

わーくはぴねす農園(エスプールプラス)
https://plus.spool.co.jp/

業界大手としての実績と経験を活かした運営

業界大手として、障がい者が安心・安全に働けるように、新耐震基準や建築検査済証取得物件の利用など、コンプライアンスを徹底している、わーくはぴねす農園。企業に合う障がい者を紹介するため、雇用前の適性判断を丁寧かつ慎重に行っています。

【企業の導入数など】
運営する農園数:41ヶ所/導入企業数:550社/障がい者の雇用人数:3,300名

情報参照元:エスプールプラス公式HP(https://plus.spool.co.jp/farm/
2023年4月25日時点

わーくはぴねす農園の特徴

01
障がい者の募集から雇用継続まで企業担当者の業務を幅広くサポート

企業の障がい者雇用担当者が苦労している募集と採用に関して、特に手厚いサポートを実施している、わーくはぴねす農園。業務が合わずに退職することがないよう、雇用前の適性判断を丁寧かつ慎重に行っています。

02
障がい者の目線で整備された屋外・屋内の2タイプの農園

わーくはぴねす農園では、障がい者の目線で設計・整備された「屋外農園」「屋内農園」の2タイプを用意。自然と触れ合える屋外農園は障がい者にとって生活リズムを整えやすく、都会の喧騒から離れてのびのびと働けます。

03
徹底したコンプライアンス重視で安心・安全な環境を実現

障がい者が安心・安全に働けるように、新耐震基準や建築検査済取得物件の利用など、コンプライアンスを徹底しているのもわーくはぴねす農園の特徴。親会社がプライム市場上場企業であり、適切なガバナンス基準による事業運営で労働法令・職業紹介事業に係る法令などを遵守していることも、信頼できるパートナー企業として選ばれるポイントとなっています。

わーくはぴねす農園の導入事例

農園の成果が障がい者の定着率の劇的な改善を実現

さまざまなICTソリューションを提供するNDSソリューション株式会社は、農園事業を導入した成果は目覚ましく、1人の離職者を出すこともなく設立4年目に入りました。そこで得られた障がい者雇用のノウハウは、会社全体のダイバーシティ推進に大きく貢献しているといいます。

参照元:エスプールプラス公式HP(https://plus.spool.co.jp/case/detail/nds.html
社員の「心のバリアフリー化」の実現に強い手応え

SMBC日興証券の特例子会社・日興みらんでは障がい者の雇用機会創出と社員のノーマライゼーション意識の向上に大きな成果を挙げています。社員の「心のバリアフリー化」の実現に向けて強い手ごたえを強く感じられたという同社。農園に訪問して実施される「ノーマライゼーション研修」は、社内でも指折りの人気研修となっているそうです。

参照元:エスプールプラス公式HP(https://plus.spool.co.jp/case/detail/nikko.html

運営会社エスプールプラスの基本情報

「一人でも多くの障がい者雇用を創出して、社会に貢献する」という企業理念を掲げ、障がい者雇用のリーディングカンパニーとして事業を推進してきたエスプールプラス。2022年時点で創業以来13年間、全国に35を超える農園と2,800名以上の障がい者雇用を生み出してきました。

会社名 株式会社エスプールプラス
本社所在地 東京都千代田区神田須田町1-25 JR神田万世橋ビル17F
電話番号 03-6859-6555
事業内容 農業を活用した障がい者雇用のコンサルティング事業、企業向け貸し農園(わーくはぴねす農園)の運営・開発・管理、障がい者就労支援事業
公式サイトURL https://plus.spool.co.jp/

IBUKI
(スタートライン)

IBUKI(スタートライン)
https://start-line.jp/business/ibuki/

ハーブやエディブルフラワーなど生産物を扱う

屋内型農園による障がい者雇用支援サービスであるIBUKI。野菜だけでなくハーブやエディブルフラワーなど生産物のバリエーションが豊富で、ノベルティとして利用するなどの価値があります。

【企業の導入数など】
運営する農園数:21ヶ所/導入企業数:180社以上/現在就労している障がい者数:1,000名以上

情報参照元:スタートライン公式HP(https://start-line.jp/about/
2023年4月25日時点

IBUKIの特徴

01
安定した仕事量と適性に応じた業務フロー

屋内型農園による障がい者雇用支援サービスで多くの実績を上げているIBUKIでは、障がい者一人ひとりの適性を見極めることを何より大切にするのが創業以来の方針。屋内環境だからこそ可能な安定した仕事量と、適性に応じた業務フローの構築が障がい者の就労定着につながっています。

02
独自のネットワークと支援体制で障がい者の採用と定着を支援

障がい者雇用には、採用しても定着しないという問題がついて回ります。IBUKIの農園サービスは天候の影響を受けない屋内型で、常駐の専門スタッフが障がい者の作業をしっかりサポートしながら定着率を高めています。

03
企業のノベルティや福利厚生にも役立つ生産品

障がい者雇用支援の屋内農園では、葉物野菜の生産がメインの作業になることが一般的です。IBUKIでは葉物野菜のほか、ハーブやエディブルフラワーなど生産物のバリエーションが豊富で、ハーブティーへの二次加工など多くの作業があります。企業の用途に合わせてノベルティとして利用されたり、福利厚生の一般としてスタッフに提供されたりと広く活用されます。

IBUKIの導⼊事例

生産物の使い道がイメージしやすかったのも導入の決め手

劇場やホールの舞台技術をサポートする株式会社パシフィックアートセンターでは、専門的な現場仕事が多いため障がい者への業務の切り出しに苦慮していました。そこで、安全な作業環境と安定した業務量が得られることからIBUKIの導入を決定。ハーブなどの生産物がクライアントへのノベルティとして使えるイメージがあったことも決め手となり、実際に好評のようです。

参照元:スタートライン公式HP(https://start-line.jp/blog/_3347/
障がい者が企業の一員として責任とやりがいを感じている

スウェーデンの自動車メーカー・ボルボの正規ディーラーであるボルボ・カー・ジャパンでは、障がい者の定着率の低さに加えて、洗車など屋外での身体的な業務負担が課題となっていました。IBUKIを活用することでそれらの課題は解決に向かい、生産したハーブティーをディーラーのお客様に提供することで、障がい者がボルボの一員として責任とやりがいを感じられるようになったそうです。

参照元:スタートライン公式HP(https://start-line.jp/blog/_3815/

運営会社スタートラインの基本情報

人への想いとエビデンス(科学的根拠)に基づいた理論で障がい者支援を行なうスタートライン。特に精神障がい者に対する支援を体系的に学びながら、IBUKIのほかサテライトオフィス運営や障がい者雇用のコンサルティングなど、障がい者雇用支援を幅広く手がけている企業です。

会社名 株式会社スタートライン
本社所在地 東京都三鷹市上連雀1-12-17 三鷹ビジネスパーク1号館3F
電話番号 050-5893-8926
事業内容 障害者雇用総合コンサルティングサービス、障害者向けサテライトオフィスを活用した障害者雇用支援サービス、屋内農園型障害者雇用支援サービス「IBUKI」、ロースタリー型障害者雇用支援サービス「BYSN」、障害者向け求人サイト「MyMylink」、障害者専用人材紹介、在宅雇用支援サービス、障害者雇用に関する各種研修・セミナー、特例子会社設立支援、障害者職業生活サポートのプロフェッショナル人材の派遣
公式サイトURL https://start-line.jp/business/ibuki/

【PR】SDGsに寄与する
障がい者雇⽤の未来

【PR】SDGsに寄与する障がい者雇用の未来

農園型障がい者雇用支援サービスは非常に多くの企業が導入しており、中には世界的に有名な企業も含まれています。障がい者の雇用創出により、社会貢献活動やSDGsの推進に寄与していることが社会的にも認められ、社員への良い影響が生まれているという声も聞かれます。これは農園型障がい者雇用支援サービスの導入がもたらした、非常に大きな付加価値といえるでしょう。

新たな価値創出につながる
農園型障がい者
雇用支援サービスとは

農園型障がい者雇用支援サービスは、障がい者雇用に前向きに取り組んでいる企業にとって、費用面でのデメリットはあるものの得られるメリットが大きくあります。また、実際に働く障がい者にとっても、専門スタッフによる定期巡回などのメリットがあります。ここからは、サービスを利用するうえでのメリット・デメリットや、過去の事例、地方型と都市型の違いなどを紹介します。

農園型障がい者雇用支援サービスのメリットと懸念点

農園型障がい者雇用支援サービスは、企業と障がい者の両方にメリットが多い仕組みです。企業は障がい者雇用の場を創出し、社会的責任を果たすことにつながります。障がい者にとっては、自らの特性に合った働きやすい環境で、長く仕事を続けられるという利点があります。

農園型障がい者雇用支援サービスを取り入れた企業の事例

農園型障がい者雇用支援サービスは非常に多くの企業が導入しております。どの企業も法定雇用率の改善だけにとどまらず、社会貢献活動やSDGsの推進に寄与していることが会社として実感され、社員にも良い影響が生まれているという声も聞かれます。

地方型農園と都市型農園の違い

農園型障がい者雇用支援サービスには大きく地方型と都市型に分けられます。それぞれにメリット・デメリットがあり、障がい者雇用に対する企業の方針によって選択されるべきものです。

パートナー企業選びのポイント

現在はさまざまな企業が農園型障がい者雇用支援サービスを手がけています。障がい者雇用に取り組んでいく上で、どのような企業がパートナーとして相応しいか、その判断基準はさまざまです。上記のような地方型か都市型かといった基準のほか、注目するポイントはいくつもあります。

農園型障がい者
雇用支援サービス
の⼀覧

わーくはぴねす農園
(エスプールプラス)

障がい者の募集から採用、雇用継続まで、ワンストップのサポートを受けられるのがわーくはぴねす農園の強み。障がい者雇用、農業に精通した専門スタッフが企業の担当者にきめ細やかなバックアップを行なうので、障がい者雇用の経験がない企業でも安心です。

コルディアーレ農園
(JSH)

コルディアーレ農園は、看護師をはじめ、ジョブコーチや理学療法士など、障がい者の特性を熟知した専門スタッフのサポートが受けられるのが特長です。また、完全屋内型の農園のため、働きやすい環境が整っているのも魅力といえます。

IBUKI
(スタートライン)

数ある屋内農園型障がい者雇用支援サービスの中でも、障がい者が行なう作業の幅が広いのがIBUKIの特長。一般的な葉物野菜の生産だけにとどまらず、生産物をハーブティーに二次加工してノベルティに使用するなど、企業の業態に合わせた仕事の仕方が可能です。

農園型障がい者雇用支援サービスを
全て見てみる

はーとふる農園
(日建リース工業)

はーとふる農園では、現地スタッフ全員に独自の障がい者対応教育を実施しており、企業側の管理者にも研修を履修したスタッフを派遣。障がい者雇用のノウハウに課題を抱える企業にとってメリットがあります。

自然のめぐみ
(スナジャパン)

自然のめぐみでは農作物の生産に2つのプランを用意しています。ひとつが短期間で生育する米やもち麦、いも、高級野菜など、もうひとつは3~5年をかけて生育する醸造用のぶどうやさくらんぼです。いずれも収益性が高く、事業の安定化が期待できます。

ハートフェルト胡蝶蘭農園
(アクセス・アイ)

胡蝶蘭は商品価値が高いので、ハートフェルト胡蝶蘭農園での障がい者雇用は本格的な事業化も検討可能です。単に障がい者を雇用するだけなく、障がい者も企業と社会に役立てる体制を生み出したい、そう考えている企業にぴったりのサービスです。

AYUMIステーション
(エーエスピー)

既存の建物を活用した完全屋内型の水耕栽培農法というスタイルのAYUMIステーション。現場は最寄駅からアクセスが良好なオフィスビルで通勤しやすいほか、障がい者雇用に精通した専門スタッフの手厚いサポートによって定着率も高くなっています。栽培方法のレクチャーも懇切丁寧で、農業の初心者でも安心して働けます。

トライスルみらい農園
(ジョブサポートパワー)

屋内型農園における太陽光発電や雨水循環装置の導入など、再生可能エネルギーの利用でSDGsを実現するトライスルみらい農園。農福連携とテレワークを掛け合わせた障害雇用支援サービスというテーマに則り、オンラインならではのコミュニケーション技術で企業と障がい者の距離感を近づけています。

その他の
障がい者雇⽤⽀援サービスと
農園型障がい者雇用支援サービスの違い

POINT
1

サテライトオフィス型サービス

障がい者向けのサテライトオフィス型サービスの特徴は、サービスを運用する企業の支援スタッフが常駐していること、バリアフリー構造であることなどが挙げられます。あくまでも障がい者はサービスを利用する企業の社員ですので、そこで行なう仕事は雇用された企業の業務です。

POINT
2

テレワークによる障がい者⽀援サービス

一般的な通勤による仕事では能力を発揮できない障がい者に対し、在宅勤務などのテレワークを通じて企業の戦力となれるように支援するサービスです。業務の切り出し、障がい者の採用支援、日常の勤怠管理など、企業に対してテレワークに特化した障がい者雇用体制の構築サポートを行ないます。

POINT
3

障がい者雇⽤のコンサルティング

障がい者の特性は、抱える障がいの内容によって一人ひとり違います。障がい者雇用のコンサルティングでは、採用選考でチェックすべきポイントのアドバイスなど、長期の安定就労につなげるためのサポートを実施。障がい者支援機関や特別支援学校など関係団体との連携強化が図れます。

POINT
4

特例⼦会社の設⽴

特例子会社という別会社を設立することで、障がい者の特性に見合った就業規則を策定できたり、障がい者の雇用に特化した助成金を受けられたりと、さまざまなメリットがあります。何より、親会社やグループ企業全体の障がい者法定雇用率に換算することが認められます。

障がい者雇⽤のメリットとは
どのようなものか

各種助成金の給付が受けられる

各種助成金の給付が受けられる

障がい者を雇用する場合、どのような助成金の申請を行えるか気になる方もいることと思います。助成金は障がいのある方を雇い入れた場合や施設などの整備や適切な雇用管理について措置を行なった場合、能力開発を行った場合、職場定着をするための措置を講じた場合などに申請を行えます。

社会的責任(CSR)が果たせる

社会的責任(CSR)が果たせる

企業が障がい者雇用を積極的に行っていくと、障がい者の活躍できる場が広がっていきます。雇用を推進する企業が増えることによって、障がい者にとって就職先の選択肢が増え、より自分らしい働き方をできるようになるはずです。

ビジネスの拡大につながる

ビジネスの拡大につながる

障がいのある方は、コミュニケーションが苦手だったり新しい環境に慣れるまで時間がかかったりするなど、苦労するケースが多く見られます。しかし、それぞれ異なる特性を持っているため、それらを業務に活かせる可能性があるのです。

多様性のある企業文化・組織作りができる

多様性のある企業文化・組織作りができる

障がい者と一緒に働くことで、お互いの違いに気づいたり理解を深めて助け合おうとしたりする精神を育むことに繋がります。
障がいの特性を理解しようと心がけていくことによって、障がい者の「個性」を知ることに繋がるでしょう。障がいのある方の向き不向きを熟知したうえで、適切な部署へ配置すると、能力を発揮できるはずです。

障がい者雇用における
現状の課題とは

障がい者雇用における現状の課題とは

障がい者を雇用する場合、社内の従業員からの理解を得られなかったり、コミュニケーションや指導方法などで悩んだりするケースも多く見られます。

そのような課題に対処するためには、社内環境の見直しを行ったり現場からの不安に耳を傾けたりする必要があります。